いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その240:見~つけた(笑))

2012年近畿大会 立5年、曽根6年

FBでも皆さんに心配をおかけしましたが、この一週間、

鬼の攪乱で体調を崩し、

また、人生初の胃カメラや、

12年ぶりのインプラント手術などで、

全く使い物にならなかった私ですが、ここ数年にない十分な睡眠をとることができ、これを書いている今は、心身ともに復活(固いものは食べれませんが・・)。

お陰様で、土日はしっかりデスクワークをこなし、来年度の事業計画などをじっくり検討することができました。

1に睡眠、2に〇〇〇

かつて風邪薬のCMであったように、とにかく、睡眠が一番!

皆さんもくれぐれも手洗い、うがいを忘れずに、そして睡眠を十分とってこの寒い冬を乗り切りましょう!!

さて、冒頭の写真(ピント甘くてすみません)。

病床で見ていたFBの『この日の思い出を見る』でドーンと飛び込んできた5年前の今日の投稿。そう、第3回スポーツひのまるキッズ近畿大会でのワンショットでした。

高学年の表彰式を待つひのまるキッズたちの中に、5年無差別で優勝の斉藤立くんの姿を発見。

そして、よく見るとその隣の隣には素根輝ちゃんが6年女子無差別の一番前に立っているではないですか!!

共に高校生ながら、将来のオリンピック選手として注目を浴びている重量級の星。

たつる

素根

記録をよく見ると、現在、中学・高校で活躍中の選手たちの名前満載で、もちろん、その子たち以外でも、やめずにず~と柔道を続けている子がいるんだと思い、一人感動で胸がいっぱいになっていました。

まあ、この手の話(子供たちの今の話)は、『弊社の生き字引』H役員がそのうち大特集してくれると思いますが、なにはともあれ、続けてきた甲斐があったということで、まさに開催者冥利に尽きます。

これこそ、元気を取り戻した素だと思い感謝しいています。これからも、元気が出ないときは昔のひのまるキッズたちの写真を見て元気を分けてもらおうと思っています(笑)

いまから、ここから、ここから、どんどん!!!

永瀬義規

 

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その239:『明日やろう』は『バカ野郎』)

20180206_091713_317

先週の火曜日、縁があって国際武道大学にて『道場経営論』という授業にゲストとして参加させていただきました。

これで2回目です。

国際武道大学の武道学科、体育学科の専攻生徒。学年は2~3年生。

メインの先生である腹巻講師のお蔭で、約90名が参加したこの講座。タイトルは

スポーツで飯を喰えるか?

でした。

20180206_091630_367

もちろん、講師である腹巻先生や、月の時間帯で同タイトルの授業を端されている朝飛先生は、まさに道場で飯を喰っているプロ。

その中で、ちょっと異質な存在としてお呼びいただき、お話をさせていただきました。

まあ、話はいつもの通り、『スポーツひのまるキッズ』のスキームを話をして、我々がその理念を如何に具現化し、参加者に親子の絆を深め子供と夢をつなげる『場』を提供し、そこに全国の企業様から主にCSR活動として協賛金をいただく・・・。

といったものでした。

詳細は、別の機会にお話しするとして・・。

約1時間半の話の中で、子どもたちの顔が上がり、眼がキラリとなった瞬間は昨年同様、最後のこの言葉でした・・

「私は、若いころからよく人に聞かれる言葉があります。それは、『永瀬さんはなぜ○○を成功させることができたのですか』というものです。その答えは何だと思いますか??」

それは、

『出来るまでやる』

から・・ということなんです。

とはいったものの、正直、残念ながら、今の事業は軌道に乗ってきたとはいえ、まだまだ『出来た!』というところまではいってません。

それは、これが職種として確立していないからです。

なので、まだ私にとってひのまるキッズ事業で『スポーツで飯を喰う』ということに関しては思いっ切り胸を張ること出来ないのも事実です。

ただ、周りの人に比べれば、少なくてもこの事業で周りの仲間と共に生活が出来るまでの収入はギリギリ確保できたと思います。

講義が終わって、帰りの電車の中で、今回の主宰者である石井先生から渡された生徒の感想メモを一つ一つ読んでみました。

もちろん、悪いことが書いてあるわけはありませんが、間違いなく、昨年よりもより具体的な感想が書かれ、嬉しいことに何人かの生徒は『こんな会社で働ければいいなぁと感じた』と言ってくれていました。

前回のここで『母校愛』のことを書きました。

P_20171126_142023

少なくともあの4年間は、自分自身の限界に挑戦し一つの目標に向かって進んでいました。もちろん、夢は叶ったか?と言われれば、答えはNOです。でも、一番身近で夢を叶えた親友がいて、そいつには絶対に負けない!と思う気持ちで、その親友には死ぬまで目を背けない人生を送ろうと誓った自分にまだまけていないと断言できます。

P_20171126_141622

それが、出来るまでやる!という意思につながっていたと思います。

そんなことをずっと考えていたこの1週間、昨夜の夢である文字がクッキリと私の目に飛び込んできたのです。

ひのまるキッズ会場のシーンのことです。目の前の子供のTシャツにその言葉がプリントされていました。

それは、

明日やろうは、バカ野郎

もちろん、実際、会場で目にした覚えがあるこの言葉。その時は「うまいこと言うなぁ・・」くらいの印象でしたが、これこそ、出来るまでやるための第一歩だと痛感します。

今日という日は一日しかありません。その瞬間瞬間を無駄にしていては『夢』はその分遠ざかるのです。

明日やろうはバカ野郎。今日、今、を一生懸命にやっていることをしっかり褒めてあげたいと思います。結果なんて後からついてきます!!

Jpeg

Jpeg

いまから、ここから! さあて、今に全力投球です!!

永瀬義規

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その238;母校愛)

P_20171126_142354

実は、先週、そして今週と、母校・中央大学柔道部の来年度スカウトのため矢嶋監督に同行しました。

大学卒業以来、どんな時でも何かしらの形で柔道に携わり・・というか様々な形で柔道(を中心にしたスポーツ)で飯を喰っている私。

社会人になってこれまで人並み以上の体験をさせていただいているこの人生。

いくつかの苦難を乗り越えられたのは、母校・中央大学柔道部での4年間があったらこそ・・と、毎回、毎回同じことを連呼してしまって恐縮ですが、さて、その4年間のいったいどこのどの部分がそんな(訳のわからない)自信の塊みたいな人格をつくる礎となったのか・・。

監督が柔道の話、私が柔道部の理念とグランドデザインを親御さんにお話しするときに、しゃべりながら考えていました。

我が大学柔道部は、お子さんを22年間で終わらせない。むしろその後の人生を大切にしている。

我が大学柔道部は、少数精鋭。柔道推薦枠で入学できるのは1学年でたったの6名。だから、監督を始めコーチ、OBも一人一人に十分目をかけられる。

我が大学柔道部は、入学後の4年間での成長率が非常に高い。その証拠に、私は一般学生で入学して雑草のような存在だったが、努力で4年生の時に団体戦のレギュラーになれた。

と、まあこんなことをお話しするのですが、自分でもあきれるほど中央大学柔道部に誇りと自信を持って話しています。

では、なぜそうなれるのか・・・。

それは、一言。自分自身の中に『これだけやった』という達成感があり(もちろん自分自身の奢りかもしれませんが)、さらにもっと大切なのは、それを共有する本当に尊敬できる同級生がいたということだと思います。

P_20171126_141456

縁をしがらみにせず、絆にすべし

足を引っ張るなら、腕を引っ張り上げるべし

人に見せるためではない。ただひたすらとことん己を尽すべし

自分は一人でなく、同志がいるんだ!という気持ちがあったからこそ、決して負けない強い精神を身に着けることができたと思います。

4年生最後の試合。

東京学生体重別の初戦で、前年度全日本チャンピオンと対戦し、内またにいったところ、頭から突っ込んだということで反則負けに終わったとき。

周囲が判定に猛抗議している時に『正直、相手は日本一だし・・』と一人醒めて第三者のようにその場を立ち去る自分に

おい、お前こんなんでいいんか? お前の柔道はそんなもんやったのか?

と我がごとのように私に食って掛かった親友の顔は、しっかり目に焼き付いています。そして、自らは、見事に日本一に輝いたインタビューで『これからは日本一のサラリーマンになる』と答えたその親友に、これからは絶対に負けない、二度とそんなことを言わせないと、心に誓う自分がいました。

まあ、そいつにはひのまるキッズ講師として、今でも支えられているんですけどね・・(笑)。

おっと、表題の母校愛。

そんなことで、母校は単なる学校ではなく、自分にとってはかけがえのない仲間、夢を共有できた大切な時間、全部ひっくるめて絆への愛情なんです。そんな愛情を持てて幸せです。

いつも以上にとりとめもない話、失礼しました。

いまから、ここから、気張れ若人よ!!

永瀬義規

追伸 巻頭の写真は大学入学式。そして、下の写真は卒業式です。あまり変わらないかな(笑)

P_20171126_141802

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その237:タイムリーな師匠の言葉)

P_20180124_183232

おお!永瀬、元気か?事業はどうだ?困っていることはないか?うん、そうか!大丈夫なら良いんだ。何かあったら言いなさい! じゃあね!

先日の全柔連新年会。

帰り際にクロークで荷物のピックアップ待ちの列でお会いした師匠との会話。

その日のFBでも投稿しましたが、その会話だけで胸がカーっとなり、力が漲りました。

Screenshot_20180128-161932

その翌日、FBのタイムラインで、師匠の今年の言葉が紹介され、まさに今年、己にとって一番大切なことを再確認させていただきました。

P_20180128_111123

そして、本日、北海道札幌で訪れた高校に飾られていた師匠の言葉に、自分自身の礎となる言霊を確信しました。

タイムリーな師匠の言葉に遭遇したこの1週間。

いまから、ここから。熱い心で感謝の気持ちを忘れずに、とことん己を尽くしていくのみです!

永瀬義規

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その236:こだわり続ける理由)

P_20180118_133012

あれは、確か8年前のことだったと思います。

場所は、長崎の佐世保駅。

ある人のご紹介でひのまるキッズ九州大会のご協賛を快く受け入れていただいた帰りのことです。

P_20180118_113828

松浦電車を降りて、佐世保駅に着いて、博多行の特急まで少し時間があったので、気分が良かったのでお土産を買おうと思い立ち寄ったのが、ここでした。

実は、子どもの頃テレビCMでなじみのある店名に引き込まれて「長崎と言ったらカステラだろう」とショーケースを覗き込み、感じの良い店員さんのお勧めで商品を決めて購入。

そのまま、みどりの窓口で切符を買って特急に乗って気が付きました。

あれ! 紙袋がない。

どこかで忘れてしまったんです。カステラ

博多駅に着いて、レシートを見てお店に電話したものの、やはりお店にはなく、一応、携帯電話番号をお知らせしておきました。

もう、ほとんどあきらめかけていた(というか忘れかけていた)その日の夜に、知らない電話番号からの着信で、出てみると、なんと、その店の方から、それも・・

「いろいろ探したら、ありました! みどりの窓口に忘れられていたんです」

「あ・・、そうですか。ありがとうございます。ただ・・」と返答に戸惑っている私に、

「商品をお送りいたしますので、送り先を教えてください」

驚きました。

「いや、それは悪いです」

「いえ、せっかくご購入いただいたものですから・・」

というやり取り後、

「それでは、ご厚意に甘えさせていただきます。もちろん、着払いでお願いします」

となりました。

その時は、そのあとに山口出張もあり、帰京は3日後。会社に戻ったときには机の上にもう届いていたんです。それも、元払いで。

それ以来。

佐世保駅に行くと必ずここに寄って、美味しいカステラを買うことが出張のお決まりになっています。冒頭のご協賛が継続されているという嬉しい現実があり、現在も続いています。

それが、毎回、ここのカステラを買っている理由です。もちろん、味も抜群です。

P_20180118_132948

実は、冒頭のテレビCMがここの店のものだったのかは、定かではありません。でも、そんなことは関係なく、彼らの本当に誠意のあるお客様第一、自分たちの商品への愛着も感じられるこの対応が私をそうさせています。

積小為大

ひのまるキッズもこの大切なことをしっかり忘れずに一歩一歩進んでいこうと思っています。

今、佐世保駅の壁一面に飾られている言葉『一期一会』。心に響きました。

P_20180118_133301 1

いまから、ここから、奥は深いです!

永瀬義規

 

 

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その235:チャンスを逃がすな!)

Screenshot_20180114-175312

2018年が始まり、最初からガンガン飛ばし過ぎて、やや体調を壊し気味になっている時に、アメリカ在住のFB友達から一枚の写真が届きました。

Life doesn’t always give you second chances, so take the first one.

まさに、今の自分自身に一番必要な言葉でした。

55歳になり、『四捨五入したら還暦』の10年でやり切ること!を掲げたまでは良いが、どうも身体中から漲るほどのやる気が湧いてくるわけでもなく、正直、ちょっと第三者みたいな気持ちで自分自身を見ている自分がいました。力が入りませんでした・・・。

そんな時に、この言葉。

そうです。

西城秀樹の歌ではないですが(古すぎますが・・(笑))、

チャンスは一度、逃がしはしない!!♪

という気持ちをもっともっと強く持たないとその『10年でやり切ること!』はできないということに気が付きました。

一日一死

人間、1時間後も、1週間後も、1か月後も、1年後もわからないことだらけです。

なので、とにかく、自分自身の体調管理をしっかりして、人生のプライオリティーを明確にして、一つ一つ積み重ねていきたいと思います。

積小為大

と年頭に言っていて、たった半月でこれでは先が思いやられますが、まだ、11か月半あります。しっかりします!

いまから、ここから、己を尽します!!

Jpeg

Jpeg

永瀬義規

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その234:2018年スタート!)

1514759055771

あらためまして、皆さん、新年あけましておめでとうございます。

4日の仕事はじめからもう3日が経ち、年賀状や新年メール、そして会う人会う人に今年のテーマとして掲げているのが、

積小為大

「大事をなさんと欲せば、小さなる事をおこたらず勤(つと)むべし」

ということ。

偶然にも、初詣のおみくじ、本屋さんで立ち読みした占いの本でも『今年は、派手なことはせず、まずは目の前にあることを確実に、そして着実にコツコツと・・』と書いてありました!

うん、やはり今年はそういう年だな・・、と思っています。ただ、正直、なんか今までのように体の底から湧き出るようなモチベーションが上がってきません・・。

大友将平

そんな、私の心に火をつけたのが、先日、メジャー入りを決定させた若き天才野球選手の一言

「正直、不安がないことはないです。でも、それよりも増して『結果ではない、今、やることが大事』という気持ちの方が強いんです」

そのコメントをテレビで見たとき、ふと気が付きました。

これまでとにかくイケイケで前だけを進んでいた自分にとって、小事をするということが、なんか物事に対して消極的になっているような気がしていました。

でも、実際はそうではないのです。大きな夢を掲げたからこそ、今やるべきこと、いや、今、この小さなことを怠らず、グーっとパワー充電をすることが、今、最も大事なことなんです。

今、でしょう!

32歳下の同郷の星、大谷翔平さんに教えてもらいました。感謝です。

いまから、ここから、一つ一つ、コツコツと愚直に取り組み、ホンモノを創ります!!

皆様、今年もどうかよろしくお願い申し上げます!!

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その233:2017年最後の独り言)

P_20171230_172311

今年もあと数時間で終わります。

実は、先ほど(19時)まで会社にいました。全く、パンパンの今年を象徴する最終日でした。

 

P_20171231_130608

正直、2017年は社運をかけた決断、そして、契約があり、
締結後も次年度からの実行準備に追われ、
通常やるべきこと、伝えなければならないことが
おろそかになってしまいました。深く反省しています。

ただ、実務的に腑抜け状態だったのにもかかわらず。ひのまるキッズ事業はある意味着実に広まりました。

1月のかけっこ教室に始まり、

柔道は・・・

4月の関東大会では、史上最多の現役チャンピオンが終結。特別ゲストの小泉進次郎さんも大興奮でした。

038A6606

038A6115

続く東北大会ではサッカー、ソフトボールとのコラボレーションで地元密着強化、近畿大会を無事にこなし、悪天候で最後の最後で中止を決断した9月の東海大会、反省だらけの『道場わっしょい!』で悔し涙。11月の北信越大会では、初の実行委員会制を施行。そして、先日の中国四国大会で、前人未到の6年連続優勝を目の当たり・・と初めてだらけの『挑戦の年』でした。

2017中国四国大会・木原君との2ショット

また、2回目を迎えるバスケット

1514714228020

一回目の自転車わっしょい!

IMG_8968

そして、ソフトテニス親子大会

3MK_0061

笑顔、笑顔、笑顔!!

イベント開催内容としては、充実の一年となった感もあります。

しかし、私自身は決して納得のいく一年ではありませんでした。

起こりうる全てが自分の責任、言い訳無しです。

2018年は、『積小為大』の精神で、

やるべきことをコツコツと積み重ね、
大きな夢に向かって精進する年にしようと思っています。

再出発です。あてにしておいてください。

深めます!

今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

それでは、皆さん、良いお年を!!

永瀬義規

P.S 冒頭の写真は昨夜の東京タワーです。

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その232:小事が大事)

二宮尊徳

永瀬さん、それは『小事が大事』ってことですね!

先急ぎの移動の時にお願いするコンドルタクシー。

そこの顔見知りの乗務員さんで元・経営者であり人生の先輩によく仕事の愚痴を聞いていただくのですが、

最近、自分自身を筆頭に会社全体として『マンネリ化』気味か抜けが多く、先日、とうとう先輩にガツンと言われたことを話したら、すぐに彼の口から出たのがこの言葉でした。

そのガツンとは・・、2週間前の中国・四国大会の懇親会での出来事でした。

会場準備をしている私に「永瀬、ちょっといいか」

と、一番乗りをしてきた大先輩がいつもとは違った形相で声をかけてきました。

そして、

「おい、この大会も8回目か・・お前ら本当に良くやったな。大したもんだ。でもな、ちょっとお前ら大切なことを忘れていないか? それは、我々(柔道界)の協力に対して当たり前のように思っていないか?『ありがとうございます。よろしくお願いします』の気持ちを持って接しているか? 俺にはそれが少し欠けてきたような気がしてならない。しっかりしろ!』

恥ずかしい気持ちで、顔から火が出ました。

1512830848438

実は、このところ、いろんなところで私たちに対して心ある人たちから同じようなお言葉をいただき、その都度反省はしていたのですが、年の瀬に一番ガツンと言われてしまったのです。

我々が一番大事にしなければならないことは、人との絆。それには、どんなに小さいことでも、どんなに重要でなさそうな雑用でも、手を抜かないで真剣にやることが基本です。

そして、その積み重ねによって、信用が信頼に変わります。

昔、ある人に言われました。

『信頼をなくす人は、大きな失敗とかではなく、日常のささいな出来事で失うことが多い。例えば、手紙やメールの返事がないとか、ご馳走してもいつもお礼がないとか、小さな金銭の貸し借りにルーズであるとか・・。でも、そこだけ守れば大丈夫。でも、必ず守らなければならないんだよ』

ひのまるキッズ六訓を掲げ、当たり前のことを当たり前にできる子供の育成などと偉そうに言っていても、この基本ができないようでは、どんなに規模を大きくしてもそれは本末転倒であるということを目の当たりにし、猛省しています。

小学生の時、運動場の端っこにあった二宮尊徳さんの銅像をみて先生にこの人はどんな偉いことをしたのか聞いたことがあります。

その時、かなりご高齢の女性教師から『みんなができることを一生懸命毎日毎日やっていた人だよ』って言われたことを思い出しました。

「大事をなさんと欲せば、小さなる事をおこたらず勤(つと)むべし」

いわゆる、小事の積み重ねが大事となるという、「積小為大(せきしょういだい)」の精神を来年度の言葉としたいと思います。

いまから、ここから、まずは一つ一つを見直します。

永瀬義規

 

 

 

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その231;4種目突入!まだまだ奥は深いです)

1513510646674

本日、無事に第1回スポーツひのまるキッズ神奈川親子ソフトテニス大会が終了しました。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。

今回は、参加人数MAXと、12月という気候から『試合』のみを実施。ただ、それでも、ひのまるキッズ六訓がしっかり刷り込まれた内容となりました・・・

と、書くといかにも自分たちがやったようですが・・

なんていうことないです。ソフトテニスにはすでにその基盤が、既に十二分に成り立っていました。

1513472522141

1513472556554

試合前に配布された資料でも、

P_20171217_084437 1

マナー賞の参考に・・と渡されたチェックシートにも、

1513511257934

そして、ダブルでの親子の一挙一動にすでに『マナー順守』てんこ盛り(詳細は新人・アンスケが後程ご紹介します)

我々にとって逆に学ぶこと満載の一日となりました。

そして、

『はじめはどんなものかな??と思ってましたが、とんでもなくいいイベントに本当に感動しました。また来年もお願いします』

と言ってくださった指導者の方々のお言葉、極寒の表彰式でもしっかり最後まで締めくくることができました。

ありがとうございました。

1513472579435

柔道、バスケット、自転車に続いて4種目目のひのまるキッズ。

今年最後のイベントに相応しい思い出に残るものとなりました。

いまから、ここから、まだまだこれからですね!!

永瀬義規