いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その265:チームワークにひつようなもの)

1534679379066

今年で3回目を迎える、スポーツひのまるキッズバスケットイベント

『第3回月バスカップ』

本日から3日間、群馬県前橋市の「ALSOKぐんま総合スポーツセンター」で全国から64チーム1000名の中学生男女が大集合!

P_20180819_212400

その開会式でのことです。

大会会長としてご挨拶をさせていただきましが、正直、ほんの少しお兄ちゃん、お姉ちゃんにも関わらず、小学生大会の他のひのまるキッズとは勝手が違い、なんだか最後までしっくりこないスピーチに終わってしまいました(反省)。

そんなこともあり、他の方々はどんなスピーチを・・

といつも以上に耳をダンボにして聞き込もうと気合を入れたすぐ後のスピーチで、副会長として登壇した日本文化出版の前田社長のお言葉にガツン!と心をわしづかみにされてしまいました。

それは・・

私はバレー選手でした。そして、現役引退後、カナダナショナルチームの監督としてロス五輪で金メダルを目指し、結果は4位でした。その時の経験を少し話をさせてください・・

から始まりました。

そして、その中で一番心底響いたのが、

バスケットもバレーも団体競技です。でも、その中で個々の選手がそれぞれ努力をしなければ、チームで勝利は掴めません。チームの勝利・・一番大切なのはチームワークです。では、そのチームワークに必要なものは、個々が一生懸命努力をし、がむしゃらに挑戦することです。そして、ここが一番大切なんですが、うまくいっても、いかなくても、一つ一つ、確実にそれをしっかりチーム全員でコミュニケーションするんです。

という内容でした。

コミュニケーション。

我々がやっているこのイベントは、まさにチームワークが必要です。そして、事業もスタッフのチームワークなしには成功はありません。

でも、正直、いまいちそのチームワークに一抹の不安を感じていた私に真正面から飛び込んできた言葉がここにありました。

そうです、まさに、コミュニケーション。

毎度、毎度のことですが、スタッフがどうではなく、自分自身がスタッフとそれぞれしっかりコミュニケーションをとれる環境つくりができていないのが、その一抹の不安の元凶。

そうなんです、起こりうるすべての責任は自分にあるんです。

しかし、このコミュニケーション。より深くするにはどうすれば良いのか・・。

いまから、ここから、鼻血が出るほど考え抜くつもりです。

永瀬義規

P_20180408_200549

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その264:即時実行!)

P_20180619_091054

以前、ここでもお伝えしたように、この4月より、スポーツひのまるキッズはその事務局業務と協賛営業総代理店業務を株式会社ハラプレックスに委託しています。

と言っても、これまで通りのスタッフ(+新人)が今までと変わらない業務を粛々とこなしていることに変わりはありません。

ただ、一つ。これまでと違うことというと、

毎朝の社訓唱和。

実は、私自身も社会人になって初めてのこと。この社訓が(当たり前ですが)、さすが創業100年を超える会社のもの、シンプルだけども、本当に素晴らしいものなのです。

今の社長のおじい様が最初に掲げた4つの四文字熟語。もう何十年も前からの言葉ですが、社会に出て職業を持つ大人にとって、全てが本当に必要な意味が込められているんです。

いつも、朝礼に参加させていただいた時には、常に己が会社経営、ひのまるキッズ運営に対して、しっかりとできているか・・を自問自答しています。

得意第一
ひのまるキッズのお客様は誰なのか?本当にそのお客様のことを一番に考えているのか?

積極外交
自分自身で勝手に決めつけることなく、常に外に出て、協賛営業に、事業説明を前向きに取り組んでいるのか?

創意工夫
現状に満足することなく、『どうせ・・』『・・のに』と自分自身を卑下したり、他人のせいにすることなく、革新的な挑戦をしているか?

即時実行
『明日やろうはバカやろう』を心に、自分のやるべきことをしっかりと優先順位をつけて最速で踏み出しているか?

ひのまるキッズセカンドステージを踏み出して4か月。

毎日、毎日、劇的に変わるわけはない。

でも、確実に変わっているこの時間をスタッフとしっかり共有する。

勇気を持って
誰よりも先に
人と違ったことをする

ことを、愚直に実行していこうと思っています。

いまから、ここから、そう、この瞬間から即時実行、生涯現役!!です。

永瀬義規

P_20180408_200535

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その263:真夏に届いた最高のプレゼント~第1回スポーツひのまるキッズ月刊バレーボールカップ)

1533358225290

ひのまるキッズ5種目目であるバレーボール大会

『スポーツひのまるキッズ第1回月刊バレーボールカップ』

が昨日、今日と、世田谷区の日体大にて開催、日体大バレー部をはじめとする沢山のご協力のもと、成功裏に終了することができました。

本当にありがとうございました。

イベントの模様は、プロジェクトリーダー補佐のアンスケがその詳細を事細かく紹介してくれると思います。

私的にも、感動てんこ盛りのイベントでしたが、何よりも開会式の選手宣誓に、心から感動しました。

あまりの感動に動画撮影時にマイク部分に指が重なっていたらしく、音が良く聞こえないところがあったので、帰宅後、何度もリプレイを重ねて興した言葉に一人感動で胸がいっぱいになりました。

少し長くなりますが、全文を掲載させていただきます(聞き取れず、細部に間違いがあるかもしれませんがご容赦ください)。

宣誓(二人)

僕は今、12歳です。(楓奏くん)

この12年間。日本では、東日本大震災、豪雨による災害がありました。今でも避難所で暮らしている人もたくさんいます。家族を亡くした方もいます。

そんな中、僕たちは、チームの仲間や家族と共に大好きなバレーボールをできることを心から感謝しています。

いつもいつも見守ってくれていたお父さん

毎日毎日、練習の送り迎えをしてくれたお母さん

そして、今ここで戦ってくださる選手のみなさん

本当に、ありがとう。

今まで育んできた仲間との絆、親子の絆で最後の一球が落ちるまで全力でプレーすることを誓います。

私たち保護者は、この子たちの親になって12年です。(望美さん)

我が子が生まれた日のことは、今でも鮮明に覚えています。

こんなに優しく成長し、

逞しく成長し、

そして毎日幸せをくれる我が子に心から感謝します。

ここに集まる選手の皆さんが、今日はたくさんの笑顔あふれる全力プレーができますように愛情をこめてしっかり応援することをここに誓います。

最後に

僕たち選手と

私たち保護者に

家族との大切な時間をくださった

大会関係者の皆様、ここにいる皆様に感謝の気持ちを込めて・・・。

北海道ZERO’Z  6年生 工藤楓奏選手 保護者 工藤望美様

平成30年8月4日、記念すべきこの大会での『真夏の日の最高のプレゼント』

ありがとうございました!

いまから、ここから、やめられないねぇ~~

永瀬義規

1533375953143

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その262;『できっこない』を、やる)

  • チアダン

絶対はまるだろうなぁ~と思ってみて、ドはまりしています・・。

少し前、話題になった映画『チア☆ダン』

福井の女子高生がチアダンスで全米制覇を目指し、本当にしてしまった話です。

これは、実話で、それに関しては詳細が分かり易く紹介されています。

https://matome.naver.jp/odai/2148905401206766001

冒頭の言葉は、最近始まったTBSの金曜ドラマ『チア☆ダン』、その映画の続編的な(ストーリーは)テレビ番組のことです。

正直、初回、いや、見る前から結果は読めている・・ような気がします。

ただ、私がはまったのは、物語の中で度々登場する言葉

できっこないを、やる

です。

なので、たぶん、最後まで

彼女たちが夢を叶えたのか、叶えられなかったか・・

ではなく、

できっこないことに、どうやって最後まで挑戦したのか・・

を一生懸命応援するつもりです。

夢は見るものではなく、叶えるもの

という思いは変っていませんし、

勇気を持って

人と違ったことを

誰よりも先にする

という行動規範も一ミリもぶれてはいません。

ただ、時々、いや、いつもいつも

本当にできるのだろうか??

という不安におびえている自分がいます。

でも、私にはそれを自ら実行している盟友がいて、その漢の生きざまに支えていただいています。

一日一死

今日死ぬと思ってその日を悔いなく過ごす

のではなく、

一日一生

明日をよりよい人生にするために今日という日を悔いなく過ごす

と今日という日に相対している漢です。

藤川さん

できっこない

やる、だけです。

協賛社1000社

日本全都道府県→全市町村開催

いまから、ここから、やります。仲間と共に!!

永瀬義規

1532709797012

 

 

 

 

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その261:柔道、ありがとう!!)

夏合宿20180722

え~! どっちが弟?? 

大きくなったなぁ~!

今日、岩手県盛岡市で開催された『スポーツひのまるキッズ親子夏合宿2018』で特別ゲストで参加してくれた野村講師の第一声がこれでした。

そうです。

2011年6月以来のひのまるキッズでの再会・・・。

私たちがこの東北復興支援を愚直にやり続けている『原点』となるあの選手宣誓をしてくれた鳥居兄弟と、その時、特別講師として来てくれた野村選手との7年ぶりのスリーショットがここにありました。

DSCF0030

震災直後、外観は大丈夫でしたが、中は全て流されてしまい、あとは解体を待っている鳥居家を訪れたあの日。

何か欲しいものあるか? との私の問いに

野村選手の『折れない心』という本が読み終える前に流されてしまったのが一番残念・・

とお兄ちゃんに言われ、その場で電話をかけその旨を告げると本はもちろん、自分自身も喜んでひのまるキッズに参加し彼らを励ましたいと言ってくれた野村選手

そして、今回も、2年前の初めての夏合宿に全面的に協力してくれた盛岡中央高校の生徒中にそのお兄ちゃんの姿を見つけ、当日は会場に駆けつけてくれた中学3年生の弟と共に写真を撮ったとき、

Jpeg

Jpeg

2年後は絶対に連れて来ようと思い、今回、直前ながらそのオファーをしたら、二つ返事で引き受けてくれた野村講師

現実となった今日、立派成長したこの兄弟と野村講師のスリーショットを目の前にして、一番最初に思わず口に出た言葉が、

柔道、ありがとう。

でした。

彼らだけではなく、今回、お会いした指導者の方々から、これまで復興支援企画で全国のひのまるキッズにご招待した子供たちが今も中学や高校でしっかりと柔道を続けていることを聞きました。

決して恵まれていない環境下で、これまで彼らを叱咤激励して『柔の道』を歩ませてくださっている指導者、親御さんに、ただただ尊敬の念を抱き、自分たちのやってきたことが、少しでも彼らの力になることができたことに感謝しています。

そして、3個の金メダルを目の当たりにした子供たちのあのキラキラした眼・・。

幸運にも1個めと2個目の現場で最も近いところにいた私ですが、その20年後、こんなに素晴らしいこと起こるとは想像できませんでした。

P_20180614_120648 (1)

それも、これも、今回だけは言わせてください!!

柔道ありがとう!! 

そして、そこに関わる全ての『絆』、世界で一番の宝物です。

いまから、ここから、誇りをもって前に進みます。

永瀬義規

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その260:ありがとう!)

P_20180311_094005_HDR

11年前、『会社を興したら必ず買うぞ』ととあるデパートで一目ぼれで購入。

それから、10年とちょっと。

晴れの日も雨の日も、

飛行機でも新幹線でも深夜バスでも、

レンタカーでも電車でも、

年に200日以上の出張の全てに同行してくれました。

取っ手部分は4回折れて修復、内装もはげ、外装は傷だらけでも『ひのまるキッズシール』は不思議とはがれず、今日までもってくれた。

しかし、とうとうジョイントの部分が割れてのを始め、いたるところで修復不可能な破損・・。

今だに捨てることができず、玄関の隅っこでスタンバっているこのキャリーケース。

P_20180311_093843_HDR

会社立ち上げ時に

「また、そんな恰好つけて身の程を知ったほうが良いですよ」

と当時のビジネスパートナーに皮肉を言われながらも、

14人+役員分をしっかりそろえ、

昨年年末の大会まで67回のひのまるキッズ全ての開会式で私の身を守ってくれたスタッフジャケット&パンツ

さすがにズボンは股ずれ、袖口や襟はボロボロ、色は完全に褪せてしまったため、今年の関東大会、10回記念大会でスタッフ全員に揃って支給されたことによってその役目を終えました・・・。

共に、戦友。

共に『いまから、ここから!』という私の声、心の叫びを一番聞いてくれた。

本当にありがとう。

でも、あえて今回、その役目を終えてもらう決心をしました。

そして、新しくなったキャリーバックとスタッフジャケット&パンツ

少なくてもこれからの10年は一緒に『夢』を追いかけてもらいます。

そう、

夢はでっかく、根はふかく

1531049545535

今まで、ありがとう! ちょっと先に休んでください。

いまから、ここから、私は変りません!!

永瀬 義規

 

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その259:生涯現役宣言)

桂歌丸師匠

お亡くなりになる直前まで高座に上がっていた桂歌丸師匠が、言い続けていた言葉、

生涯現役

全うしました。

本当に素晴らし人生だったと感動しています。心よりご冥福をお祈りいたします。

そして、先日、言葉にせずとも、全身全霊を持って自ら具現化している『漢』の言霊に出会いました。

東北大会のご協賛の御礼に伺った時のことです。

いつお会いしても、真正面から目をそらさず、ご自身の思いを思いっきりぶつけてくる・・・。

今回も、様々な進行中のお話をしてくださり、私の稚拙な質問に対しても全て全力投球で応えてくださいました。

そして、最後に私の「会長、社員はどうやったらついてきてくれるのでしょうか?」という問いに、少しはにかんでこう言ってくださいました。

永瀬さん、とにかく新しいことは、俺が先頭きってやるんだよ。俺がやっている限り、俺についていくしかないんだ。もちろん、そのビジネスモデルが確立したら、やった結果が事細かに時々刻々全て把握できるようにしなければならないけどね。そうしたら、次に行くんだ。また、俺が執念を持ってね・・

そして、最後にこう言い切りました。

俺も来年80歳。まだまだやるけど、これが良かったのか、悪かったのか・・成功か失敗は、俺が死んだ後に評価してもらえばいい。それだけさ。

P_20180419_113535

「人は歳を重ねるだけで老いるのではなく、理想を失うときに初めて老いがくる」(サミュエル・ウルマン)

部屋に飾ってある『青春の詩』をにらみつつ、一人つぶやいています。

生涯現役

いまから、ここから、やるだけです。

永瀬義規

P_20180325_152021

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その258:真逆の感情)

1529988270238先輩、中大と筑波はもっと接戦になって良かったんです。正直、試合は勝たなければいけません。「思い切って攻めて、木っ端みじんに砕けたっていい!」というやり方していたら選手がかわいそうです

先週、久しぶりの全日本ベスト8という成績を残した後輩たちの姿を見ながら、準々決勝で筑波に5-2と惨敗した結果を冷静に分析して私に苦言を呈してくれた後輩指導者の言葉に、口では「そうだよなぁ~」と言ったものの、正直、

いや、勝ち負けではない。中大らしい真っ向勝負をすることに意味があるんだけどなぁ…

と心の中ではつぶやいていました。

1530434502606

一方、

先日のサッカーワールドカップ。日本対ポーランド戦。

残り10分をパス回しだけでしのいだ西野ジャパンに様々な意見が飛び交うのを見て

何をふざけたこと言ってるんだ。彼らは予選リーグ突破というミッションを果たすための戦略を忠実に全うした。誰に何をいわれる筋合いはない~!

って激怒している自分がいます。

この真逆の感情は何だろう…。

P_20180701_102739

今日、自分が青春をかけた母校の柔道場で1週間ぶりに後輩たちに会い、1週間後に迫った東京ジュニアに出る彼らに思わず口にした言葉で何かしらの答えが出たような気がします。

いつもいつも言っている言葉…。

答えは自分だけが知っている。

何があっても全てが自己責任。

団体戦なら、自分がどういう仕事をしなければならないか?

個人戦なら、自分がどうやって相手を倒さなければならないか?

それぞれの目的に向かって、己の全てを尽くすことができたか、できないか…。

自分が納得すればいい。納得できなければ、納得するまでへこたれずに挑み続ければ良い。

少なくても、私自身は彼らが己の全てを尽くすことができるように、永瀬自身ができる全てを尽くしていこう!と改めて己に誓っています。

いまから、ここから、梅雨明けに暑苦しい話、失礼しました!

永瀬義規

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その257:「ならでは」の光景が芽吹く喜び)

received_1706101582821935 1

【父ちゃんと一緒に表彰台に上がる事】を目標に1年間頑張って優勝出来ました!またよろしくお願いします^^

前回の投稿『第10回スポーツひのまるキッズ関東小学生柔道大会~夢が目標に変わる瞬間』にコメントが送られてきました。

メッセンジャーでもう少し詳しくやり取りをすると・・
去年のひのまるは、銅メダルでした。
それから必死に今日まで金メダルを順調に撮って行って、ひのまるで、金メダル取って父ちゃんと表彰台上がって、父の日にプレゼントするんだと毎日トレーニングを欠かさず頑張って来ました!
今後是非ともよろしくお願いします(^。^)

という返事と巻頭の写真。

また、

息子がひのまるキッズ関東小学生柔道大会で優勝🏆してくれましたここのところ調子が上がらず、モヤモヤした感じでしたが、
同じクラブの仲間だけではなく、茨城県の他のチームの皆さんに応援していただいたおかげで、優勝することができました。ありがとうございました。

内容はきわどい試合ばかりでしたが、最後まで粘り強く、諦めずに頑張ってくれました。
今回の結果を自信に、そして自覚を持って今後に活かして欲しいです。

最高の父の日にしてもらいました!

received_1540368132741057

という大会後のFB投稿を始め、数多くの『父の日のプレゼント』というコメントを目にすることができました。

これぞ、真骨頂!!!

10年続けて来て良かった!!

なんとか・・・

ひのまるキッズ『ならでは』

親子の絆が深まる光景が当たり前のように芽吹いてきたことをヒシヒシと感じています。

いまから、ここから、この芽をしっかりとした幹に育て上げねばなりません!!

永瀬義規

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その256:夢が目標に変わる瞬間)

P_20180617_171822

まずは夢を持ちなさい

さらに、その夢を目標に変える努力をしなさい

そして、その目標を達成させる努力をするのです。

事業とは、

目標(予算)と実体(実績)のギャップをひたすら埋める作業。

まずは、夢を見なければ、事業は成り立たない・・・。

これは、20年前、ある人に会社を興したいと相談した時に言われた言葉。

そして、『スポーツで飯を喰う』とい夢を持ち、この10年間。数え切れな人に迷惑をかけ、泥水を飲み、全て失いながらも苦しいと思っても絶対にやめようとは思わず続けた結果、ある意味、その夢をどうやったら叶えることができるか? どう動いたら確実なものになるのか・・ということを気づいたのが、今日の関東大会。

P_20180617_084234

会場は超満員、スポンサー、友人含む多くの初来場者。そして、会場を歩くと本当に数分に一回はしっかりとあいさつをされる・・。

そんな中で、2度目の表彰式を終え全ての日程を終了した瞬間、ひのまるキッズを共築き上げた朝飛先生しっかり握手交わした時(冒頭の写真)、このところ頭になかにあったモヤモヤがすっかり晴れて、これからやるべき目標が明確になりました。

勇気を持って

誰よりも先に

人と違うことをする

毎度、毎度、同じこと言い続けていたのですが、この10年やっていたことを土台に、次の10年で挑戦することがしっかり見えてきた瞬間でもありました。

それは、なに??

それは、また次の機会に(笑)

ただ、まず、動くことから始めようと思っています。

1529238959221

4月の新体制で揃えたジャケットがようやくスタッフ全員にいきわたりました。

いまから、ここから、ターゲットロックオンです。

永瀬義規