いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その248;脱皮前のガツン3連発)

お知らせいただきました。良かったですね~

うん、そろそろ大丈夫ですね。協賛、一旦お休みさせていただきます。

今回、ハラプレックスとの協業に関して、様々なご意見、応援、そして思った以上の勘違い、誹謗中傷をいただく中、一つ一つご説明に伺っている中で、一番恐れていたご返事が上記のお言葉。

実際は、これから1000社の協賛獲得1720近くの全市町村でのひのまるキッズ開催という大志に向けて最善のパートナーを得たのですが、例にもれず、己の説明不足の言葉足らずで上記の状況を招きかけて・・・いた先週の出来事です。

P_20180419_113535

5月の東北大会の開催ごあいさつで新市長をはじめ、予定通りの弘前周りを終え、盛岡へ。

親戚に楽しい夕食をごちそうになり、翌朝向かったのが、経営の師匠と10年以上も慕っている鬼柳一宇会長が待つアイオー精密でした。

そこで、一発目のガツン。

実際、会社というよりも個人としてご協賛を続けている会長から、冒頭のお言葉が出るかと正直ビビっていました。

案内見ました。うまくいっているみたいだね。

おっと、不味い展開・・。と構えていると、会長から思いっ切りガツンと言う言葉が出てきました。

ところで、永瀬さん、1000社は3年?5年でやり切るの? まさか、今回のスキームつくりで落ち着いたんじゃないんだろうね?? そんなんだったら、今すぐに協力を止めるよ!

冗談じゃありません。5年でやり切りすぐにその倍を目指します。と間髪を言わずに応えたら、

うん! わかりました。私はもうすぐ80歳だけど私の命ある限り協力します。

とまっすぐに、真剣勝負の漢の深い瞳で言ってくださりました。感動で全く言葉も出なかった、心の底に響くガツンでした。

2発目は

上村春樹講道館館長(写真が新年のあいさつ時のもの)

上村館長と永瀬

ひのまるキッズの『道場わっしょい!』の共同開催を全柔連と共に実施できないかとかねてから打診していたら、日程指定の連絡があり、弊社林取締役と訪問しました。

ひのまるキッズの講道館後援のお話も・・と口を開けた途端、

永瀬、元気か?? から始まり、いつもの上村劇場が開幕。その一言一言に何とか対応しても、次から次へとそれを覆いかぶすように全て呑み込まれてしまいました。

体育って一言で言えるか?スポーツで教育することだよ。

私は柔道を語るにはまだまだ未熟者、私がやってきたのは勝ち負けの世界。嘉納治五郎先生が創設した柔道を語るのはこれからだよ。

その一言一言にガツンガツンと地面にのめりこんでいきましたが、気持ちはグングン上に登っていきました。

そして、最後は・・・。

一週間を終えた金曜日。残業していたスタッフと飯でも食べようと神保町を歩いている時の出来事です。

ある店をスーッと通り過ぎようとしていると、『どうもありがとうございました。またお越しください』と年配の男性を見送る聞き覚えのある声・・。

ん? とよく見るとそこにいたのは、グローバル医科学研究所の富山正一社長。なんと、経営している『てもみん』で施術をしてお客様を見送るところに遭遇しました。

富山現在

以前、『1年の3分の2は出張です』と言っていたこの経営者。実はアトランタ、シドニー五輪では柔道日本選手団の帯同トレーナーとして同じチームにいた『富ちゃん

富山アトランタ

P_20180422_182117

お互い、経営者となってからも、会うと昔と変わらずさわやかな笑顔と誠実な対応をしてくださっていたものの、まさか、夜遅く、現場でマッサージをしている姿と出くわすとは・・。

スタッフに『全国のてもみんを束ねる社長だよ』とご紹介し、『すごいね。出張ばかりの中で良く時間あるね』と聞くと、当たり前のように・・

現場が命ですから!!

ガッツ~ン。

新しい、職場。新しいスキーム、新しい目標。

これまでの10年を綺麗に脱皮させていくガツン3連発でした。

長い文章にお付き合いいただき恐縮です。

いまから、ここから、今度はこちらがガツンを提供する番です!!

永瀬義規

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その247:その背中、追わせていただきます)

P_20180415_115857

金曜日、4月からパートナーとなったハラプレックスグループの懇親会。会の盛り上がりがピークを迎えた大ビンゴゲームの賞品で、見事に1等賞をGETした私。

さすがに、経営者としての面目があったので、そのあとじゃんけん大会でスタッフに譲ったこの1等賞商品は、

東京ディズニーランドペア招待券

じゃんけん勝者は、家庭を大切にする社員だったので喜んでくれて良かったです。

そして・・、

本日は、その東京ディズニーランドの35周年記念日

朝のワイドショーで特集されていたのを何気なく見ていた私は、『おお、〇〇君に賞品譲って良かったなぁー』と素直に喜んでいましたが、その番組を見て『しまった! やっぱり自分の眼で見なければならないこと満載じゃないか!!』と少し後悔しています。

それは、

1983年4月15日に創立以来、7億人以上の来場があったこのパークのリピート率が驚異の90%というレポート。

さらに、創業者ウォルトディズニー氏のこの言葉のテロップに全身全霊で吸い込まれたからです。

パークは永遠に完成しない

35年の月日。決して満足することなく、キャストと呼ばれているスタッフが一体となって、『私たちはお客様の幸せを創造し続ける』ということを四六時中追求し、革新しつづけるその姿勢にぐいぐい吸い込まれていきました。

ひのまるキッズ六訓

スポーツを通じて、親子の絆を深め、子どもと夢をつなげる

ひのまるキッズ六訓をその礎とし、この理念をイベントと通じて表現、提供することをミッションとする人間として、この偉人の言葉を真摯に受け止め、現状に決して満足することなく、新しい仲間たちと一日一死でとことん己を尽し、新しいことに挑戦し続けようと思います。

偶然は必然。

ちょっと気が抜けている私に神様が与えてくれた気づきに感謝です。

そう、我々の仕事に『これでいい』はありえないのです。

いまから、ここから、気合入れなおします。

永瀬義規

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その246:身の丈)

P_20180408_200535

いよいよ、新年度のスタートです。

実は、これまでも書いてきたように、この一年、新スキーム構築で自分の持っているもの、55年間の蓄積を全て使い切った感があり、今週はちょっとお疲れモードでした。

そのタイミングを知ってか知らずか、とにかく、この一週間、会う人、会う人に体調を心配されるお言葉を多くかけていただきました。

ありがとうございました。

今日は、福岡から戻ってきた羽田空港で、普段はご挨拶だけで終わる全柔連会長から『何をするにも健康が第一。お互い、身体を大切にして前に進もう』と真顔(すみません、いつもの表情でした・・)で言われました。

と、

今日は、本当に電池切れのため、『独り言』を終わります。

ただ、一つ、
いい機会なので私にとっての『身の丈』を今一度考えなおしてリスタートしたいと思います。

もちろん、そうしてから、再度

勇気を持って

誰よりも先に

人と違うことをする

気持ちで己をとことん尽くしまくるつもりです。

いまから、ここから、気持ちは新入社員です!!

永瀬 義規

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その246;次の10年!)

原竜也×永瀬義規

3月30日でいよいよ港区芝の旧事務所を完全撤収し、本日より、千代田区神田神保町の新事務所にて正式発信しました。

これまでここで創業以来10年の想いを振り返らせていただきました。

本当に、本当に、ありがとうございました!

さて、

いよいよ、次の10年。

スポーツひのまるキッズから満を持しての大発表です。

明日。4月2日より、一般社団法人スポーツひのまるキッズ協会は、新たなパートナーとして株式会社ハラプレックスと業務提携を行い、

➀協賛1000社獲得

②全国の市町村での『ひのまるキッズ』開催

という大志を掲げて、次の10年の第一歩を踏み出します。

株式会社ジャパンスポーツコミッションは、会社としては、今度は運営から、別角度でのバックアップ体制に入ります。

もちろん、私を始めスタッフは全く変わらず、むしろ、2日から強力な新人たちを迎えて、より深く、そして幅広く、『スポーツを通じて親子の絆を深め、子どもと夢をつなげる』事業にとことん、とことん!!取り組んでいきます。

このスキームを組むにあたってこの1年間、ハラプレックスの原社長と何度も何度も議論を重ね、

スポーツひのまるキッズ事務局は高性能のエンジンを積んだトラック。でも、どんなに高性能でもガソリンがなければそれを回すことはできず、多くの荷物を積むことも、遠くへ行くこともできない。その部分をハラプレックスの営業マンがしっかりサポートして協賛を獲得、スポーツひのまるキッズを日本一のイベントと育て上げる。

という固い決意で組んだこのタッグ。

ガンガンいきますので、皆様の変わらぬご支援のほど、心の底からお願いいたします。

P_20180318_103223 1

10年間見守ってくれた東京タワーのように、何があってもそこにある!という存在を目指して、スポーツ界の基盤をしっかり支えていきます!!

いまから、ここから、さあて、ワクワク大爆発!やりきります!!

永瀬義規

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その245:卒業~10周年ありがとうございました③))

1521891059112

昨日の土曜日。我が母校・中央大学柔道部の歓送迎会が行われました。

ちょうど、その前日から弊社10周年を記念して研修旅行に行っており、一人戻ってきてOB会に出席。そのすぐ後の歓送迎会でした。

10年の節目で事業改革を試み、何とか新オフィスも片付いてからのスタッフとの初めての旅行(実は創業少し前に行ったのですが、正式には初めて)で、かなり舞い上がって楽しんでしまい、その感動覚めやまぬまま臨んだ会でした。

今回は、例年以上に学生が盛り上がり、次男が卒業生、三男が新入生という最高のシチュエーションで参加した親友夫婦と、苦笑いをしながら会は進行。

OBの参加者の数が少なかったものの、何か自分自身の事業のことと重なって、感極まる自分がいました。

閉会後も余韻を楽しむ彼らと、最後に撮った一枚の写真

尊敬する矢嶋監督、同世代のご父兄の皆さん(ちょっと下かな?)の顔も満面の笑み。後輩たちのはちきれんばかりの力強い表情に、この後輩たちがいる限り、背中を見せ続ける気力を持ち続けることができるかもしれないという気持ちで会場を出ました。

そして、今日、朝から出社し、もう10周年の余韻に浸るのはやめよう。これからの10年、本当に己の限界に挑戦するためにも、一日一日を悔いなく過ごそう!健康にも人一倍留意し、大切な人もしっかり守っていかないと・・と一人デスクに向かっていると、「コンコン」とノック。

『こんにちは!電気がついていたので早くお届けしたほうが良いかと思って!』

と宅急便のお兄ちゃんが運んできたのが、数カ月前、福岡で前述の親友が『ちょっと付き合って』といって連れてきてくれたギャラリーで一目ぼれした一枚の絵でした。

オフィス移転後にと、発送を待ってもらっていたこの作品。

P_20180325_152004

厳重に梱包された段ボールから取り出して真っ先に目に飛び込んできた言葉。

負けてもいい くじけるな

負けてもいい にげるま

負けてもいい あきらめるな

負けてもいい あるきだせ

もちろん、デスクの真正面のいつでも目に入るところに『青春の詩』と共に飾らせていただきました。

P_20180325_152034

負けたくない、負けるもんか、こんちくしょ~ って必死に生きてきたこの人生。

負けてもいいんだ、大切なのはその後なんだ、って、今度、後輩と酒を酌み交わしたいと思います。

いまから、ここから、さあ、卒業です。

永瀬義規

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その244:門出の日~10周年ありがとうござました②)

P_20180309_173740

今から10年前の本日。

株式会社ジャパンスポーツコミッションは、東京都港区芝にて産声を上げました。

実際には、社員のほとんどが3月末の前所属会社イベント業務のため残り、この事務所でのスタートは4月3日でしたが、先に退任して1カ月間探しまくってやっと見つけた事務所だっただけに、10年前に登録をしたこの日、安堵の気持ちでもう一人の役員と乾杯したことを忘れることはできません。

この10年間・・・。

役員2人以外は、全員、古巣からのスタッフ総勢14名。身の丈以上の所帯となってした上に、いきなり大きな裏切りにあい、まさにゼロからのスタートとなった第1期

父親、経理担当者の相次ぐ死という不幸の中、多事業を犠牲にして『スポーツひのまるキッズ小学生柔道大会』を立ち上げた第2期

P_20180318_162843

東京都の『中小企業経営革新計画事業』として認めていただいたものの、いきなり8大会開催という無謀な拡大のため、営業というよりも資金ショート補填に奔走しまくっていた第3期

未曽有の大震災の僅か3か月後に『東北復興支援』として第2回東北大会を位置づけ、それ以降の継続の原点となった第4期

Screenshot_20180318-193436

http://www.japan-sc.co.jp/news/20110624.html

スポーツひのまるキッズ柔道大会を愚直に進めるも、苦しい経営状態は続き、社員は激減、公私ともにどん底だった第5期、6期は本当に多くのものを失いました。

ただ、ひのまるキッズ自体は一般社団法人スポーツひのまるキッズ協会が主催。理念の象徴となる『ひのまるキッズ六訓』をしっかり掲げられるようになった第7期、さらに8期から、これまでとは違った周囲の反応を感じることが多くなり、

ひのまるキッズ六訓

月刊バスケットボールとコラボした『月刊バスケットカップ』やプレ大会の『ソフトテニス親子大会』を始めるきっかけとなった勉強会参加の第9期と展開しました。

http://www.japan-sc.co.jp/news/pdf/20161128.pdf

そして、柔道、バスケット、ソフトテニス、自転車と4競技11会場で『ひのまるキッズ六訓』の理念ベースのイベント開催を踏み出した第10期が今年の2月末に終了。

冒頭の写真は、創業以来苦楽を共にできた3人(厳密には一人は出戻りですが、気持ちはつながっていましたので(笑))。始まりと総業10年の節目を共に迎えた同志です。

もちろん、今の弊社があるのはこの3名を含む現社員、そして、その時、その瞬間を全力で人生をかけて事業に取り組んできてくれた方々のお陰です。

心の底から感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございます。

3月18日。

誕生、始まり、別れ、様々な思いが詰まったこの記念すべき日。

ただ、これだけは言えます。

2018年3月18日は本当に幸せな気持ちでお参りすることができました。

1521337977553

ありがとうございます。

そして、次への第一歩。

スポーツひのまるキッズは、4月1日からいろんな意味で、新天地でのスタートとなります。それに関しては、もうすぐ詳細発表させていただきますのでお楽しみに!!

いまから、ここから! 次の10年。最後の盡巳です。

永瀬義規

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その243:感無量。10周年!ありがとうございました➀)

P_20180309_173646

思い出の詰まったオフィスを旅立ち、

昨日、今日と新オフィスへの引っ越しでした。

そうです。

昨年の今頃、事業として大きなスキーム変更を決心し、創業10周年の
節目で何とかその第一歩を踏み出すことができました。

この10年・・・。

激動という言葉がふさわしいかどうかはわかりませんが、自分自身の人生を、いや己の心と身体を、とにかく激しく動かしまくった年月でした。

どん底を味わい、多くのものを失い、たくさんの涙も汗も、そして資金も何もかも出し尽くした10年でした。でも、辛い、苦しいと思ったことはあってもやめようと思ったことは一度もありませんでした。

そのやめなかったことで、多大な迷惑をかけた人も少なくなく、それに関しては反省をしています。改めて、ごめんなさい。

でも、これだけは言えます。

やめなくて良かった・・。

あ~、今日は(も)うまく書けません。伝えられません。

来週の今日。18日の創立記念日にもう一度チャンスをいただいて想いを表したいと思います。

いままで、ここまで、感謝の気持ちしかありません。

10年間、本当にありがとうございました。

そして・・、

踏み出します。

今後ともよろしくお願いいたします。

永瀬義規

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その242:やりがい)

1520166654184

お陰様で第9回スポーツひのまるキッズ九州小学生柔道大会が成功裏に終了することができました。

みなさん、ありがとうござました。

そして、間もなく創業10周年を迎える株式会社ジャパンスポーツコミッションとしても、ある意味、一つの大きな区切りの大会でもありました。

そして、大会終日、ほんの数日前に聞かされた、尊敬するある企業社長のお話がどうしても私の脳裏から離れませんでした・・。

それは、こんな話でした。

昨年の夏休みのことです。

近所の人たちとバーベキュー大会を企画してみんなで河原に行った時の話です。

前日からしっかり仕込みをし、それぞれ担当を決めて当日を迎え臨んだその日は、天候にも恵まれ、予定通り、バーベキューは大成功! 我々親たちはかなり満足して帰宅しました。

しかし、その数日後、子どもたちの日記を見た親たちは唖然としたんです。

○月◎日・・河原で友達とUNO(カードゲーム)をしました。本当に楽しかったです!

そこには、親たちが、子供の喜ぶ顔を目に浮かべながら一所懸命に準備したバーベキューのことは何もなく、その代わりに、バーベキューが終わって後片付けをしている時間の待ち時間にやっていたUNOのことしか書いてなかったのです。

その社長はこう話をまとめました。

永瀬さんがやっていることは素晴らしいことです。なので、これからも応援していく気持ちには変わりはありません。

ただ、今一度、自分たちのやっていることが、本当に参加者にとって心に刻まれているのか? もっともっと伝えることがあるのではないのか? ということを常に考えてもいいのではないかと思います。

ガツンときました。

そして、大会が終わって改めてこのことを考え、自分自身がまだまだやり切れていないことを目の当たりにし、その一つ一つを大いに反省させられました。

10年かかってこれです。

でも、その一方で、パフォーマーのヒロさんが、大会終了後に涙目で持ってきてくれた一枚の手紙に一筋の光明が見出せました。

それが、冒頭の写真です。

P_20180304_111242

正直、上のたとえで言うと、ひのまるキッズ→バーベキュー、ヒロさん→UNOかもしれません。でも、そんなことは良いんです。

嬉しくて・・言葉に詰まりました・・・。

さらに、館内の最終点検をしている私に一人の父親がちっちゃい女の子を連れてこう言ってくれました。

今日はありがとうございました。上の子にとって最後のひのまるキッズ。本当に良い思い出をいただきました。そして、来年からこの子が小学校に上がりまた6年連続出場を目指してコツコツやっていきます! やめないでくださいよ!!

この10年は無駄じゃなかった。この10年は無駄じゃなかったんだ・・・。

2108年3月4日。亡き母の誕生日であるこの日。

初老の私にとっては、一つの節目に迎えた人生の最終コーナーですが、ひのまるキッズ事業にとっては、まだまだ第1コーナーに差し掛かったばかり。

己の会社に誇りをもって、

目標達成を一緒に喜ぶ仲間と共に、

仕事の『やりがい』をさらに深めていこう

と思っています。

UNO上等です(笑)!!

いまから、ここから、反省せども後悔無し!!!

永瀬義規

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その241;『かけてきた時間は他のどの選手より多い。それが勝因です』~ニッポン大活躍の平昌オリンピックで確信したこと~)

女子パラシュート4人娘

平昌五輪が閉会します。

史上最多のメダル獲得で、日本中を感動させた選手たち。

数々の名場面の中で、私が一番心に残ったのが、女子パシュートで見事に金メダルを獲得した高木美帆選手のレース後のインタビュー。

それまで、銀メダル、銅メダルを獲得し、最後のこの種目でお姉さんの菜那さんと念願の頂点に立ったこのアスリートの言葉・・。

「かけてきた時間は他のどの選手より多い。それが勝因です」

鳥肌が立ちました。

インタビューでそう答える彼女の凛としたその姿に、22年前、アトランタ五輪でまさかの銀メダルから這い上がり、4年後のシドニー五輪で見事に金メダルを勝ち取った田村(谷)亮子の姿が重なり合いました。

P_20180225_193101

当時、全柔連事務局の広報責任者として、オリンピックのプレスアタッシェとして、この時期、おそらく彼女のお母さん、恩師の稲田先生の次くらいに一緒。そして、インタビューで彼女が常に言っていた言葉が・・、

「稽古は1日休めば取り戻すのに3日かかる。なので、絶対に稽古は休みません」

でした。

もちろん、オリンピックに出るような選手に練習(稽古)をないがしろにする選手はいないでしょう。でも、頂点に立つためには、様々な条件の基本中の基本が『絶え間ぬ努力と、それを継続する意思』であり、絶対条件なんですね。

当たり前のことを当たり前にする

でも、その『当たり前』を人に絶対負けないくらいやり切れるかが、勝敗の分かれ目だと、今回のインタビューで改めて確信しました。

感謝です。ありがとうございます。

平昌五輪 女子パシュート

何のための練習か。
練習してきたという
自信を持つため。

いまから、ここから、夢に向かってただひたすら一歩一歩です。

永瀬義規

 

 

いまから、ここから、ひのまる社長の独り言(その240:見~つけた(笑))

2012年近畿大会 立5年、曽根6年

FBでも皆さんに心配をおかけしましたが、この一週間、

鬼の攪乱で体調を崩し、

また、人生初の胃カメラや、

12年ぶりのインプラント手術などで、

全く使い物にならなかった私ですが、ここ数年にない十分な睡眠をとることができ、これを書いている今は、心身ともに復活(固いものは食べれませんが・・)。

お陰様で、土日はしっかりデスクワークをこなし、来年度の事業計画などをじっくり検討することができました。

1に睡眠、2に〇〇〇

かつて風邪薬のCMであったように、とにかく、睡眠が一番!

皆さんもくれぐれも手洗い、うがいを忘れずに、そして睡眠を十分とってこの寒い冬を乗り切りましょう!!

さて、冒頭の写真(ピント甘くてすみません)。

病床で見ていたFBの『この日の思い出を見る』でドーンと飛び込んできた5年前の今日の投稿。そう、第3回スポーツひのまるキッズ近畿大会でのワンショットでした。

高学年の表彰式を待つひのまるキッズたちの中に、5年無差別で優勝の斉藤立くんの姿を発見。

そして、よく見るとその隣の隣には素根輝ちゃんが6年女子無差別の一番前に立っているではないですか!!

共に高校生ながら、将来のオリンピック選手として注目を浴びている重量級の星。

たつる

素根

記録をよく見ると、現在、中学・高校で活躍中の選手たちの名前満載で、もちろん、その子たち以外でも、やめずにず~と柔道を続けている子がいるんだと思い、一人感動で胸がいっぱいになっていました。

まあ、この手の話(子供たちの今の話)は、『弊社の生き字引』H役員がそのうち大特集してくれると思いますが、なにはともあれ、続けてきた甲斐があったということで、まさに開催者冥利に尽きます。

これこそ、元気を取り戻した素だと思い感謝しいています。これからも、元気が出ないときは昔のひのまるキッズたちの写真を見て元気を分けてもらおうと思っています(笑)

いまから、ここから、ここから、どんどん!!!

永瀬義規