柔道日記⑫

こんばんは!吉原大智です!

 

土日は各地方でジュニアの試合が行われており

なかなか出稽古先が見つかりませんでした。

 

ということで

先週金曜日に朝飛道場に行ってきました!

24140


今年度ひのまるキッズ関東大会で最多の47名出場、

そして何度も日本一になっている道場は

どんな稽古をしているのかすごく興味がありました。

 

勝手なイメージですが

何本も何本も投げられ、泣きながら稽古をしているような道場を想像していました。

 

そのイメージは道場に行ってすぐかき消されました。

 

幼児の部から見学をしてまず思ったことは

皆とにかく笑顔で朝飛道場が、

柔道が大好きでたまらないようでした。

 

そのまま小学生の稽古も見学しましたが

笑顔で始まっていました。

しかし、乱取りになると顔つきが変わり

新しく習った技を

何度も何度も失敗しながら

一生懸命かけ続けていました。

 

とてもメリハリのある練習をしていました。

 

 

そしてこの朝飛道場では何より

小学生に合わせながら講義や問答を交え

競技力だけでない柔道を通した人間教育

をしているように感じました。

 

柔道は人間教育だと言われながらも

競技である側面が勝っていると思う

今だからこそなおさらそのように感じました。

 

 

今回、道場にいかせていただいたことで

柔道というものを考えることができました。

 

競技としてしていることには

もちろん勝てた方が嬉しいです。

しかし、このあと何十年と続く人生で

武道である柔道を選んだのであれば

柔道を通して礼儀、礼節を学び

競技以外の場所でも

活きるものを身につけてもらいたいと思いました。

 

 

とても勉強になりました。

 

 

p.s.

朝飛道場の皆様

次回行くまでにハチについて勉強しておきます。

 

吉原大智

10歳児の1日は、50歳の私の10日? ひのまるキッズで楽しい思い出を!

スポーツひのまるキッズ中国小学生柔道大会より

スポーツひのまるキッズ中国小学生柔道大会より

今年も残すところ1週間となりました。
なんか、あっと言う間に過ぎた1年でした。

“人が感じる歳月の流れ”というのは、
歳をとるにつれて速く感じるようになると言われています。

これは、フランスの哲学者ポール・ジャネが発案し、
甥の心理学者ピエール・ジャネが著作で紹介した
「ジャネの法則」の考え方ですが、
まもなく50歳になる私にとって、
2013年はいつにもまして短かったなぁと
感じる1年でした。

ちなみに、ジャネの法則によると
5歳児にとっての1年は、人生の5年分の1年、
50歳の人にとっての1年は、人生の50年分の1年に相当する。
つまり、5歳児の1日は、50歳の私にとっての10日にあたる???
ということになるそうです。なんだか、いまひとつピンときませんが、
年々、月日の経つのが速くなっている感覚だけは
納得できることですし、日々の生活において、新鮮なことや
思い出に残ることが少なくなってきていることも確かです。
……べつに悲観はしていませんよ。(笑)

見るモノ触るモノが新鮮に感じられ、
やることなすことが楽しく、強烈な思い出となった子供の頃。

そんな子供たちに、
2013年のスポーツひのまるキッズは、
どれだけ楽しい思い出を残すことができたのか。

時間の感じ方ひとつとっても
大人と大きな感覚の違いがある子供たち。
歳をとるにつれて、物忘れもひどくなり、
子供の頃の感覚も忘れがちですが、
少しでも少年時代を思い出し、また、
子供の気持ちを想像しつつ、
いろいろな楽しみを提供できればいいなぁと
クリスマスの夜に考えています。

年明け、1月26日には九州大会、
2月9日には近畿大会とスポーツひのまるキッズは続きます。
子供たちの“楽しい思い出”になるよう、
盛り上げていきたいと思います。

スポーツひのまるキッズ大会事務局 林